安く飛行機に乗る方法

離陸していく飛行機

安く飛行機に乗る方法

飛行機に乗るときどんな気分ですか?毎日のように仕事で飛行機に乗るサラリーマンの人なら全然気にもならないでしょうけれど、大半の人は飛行機に乗る機会はそう多くはありませんので、特別感を感じる人もいます。飛行機がもっと身近になれば、いろいろなところに行けますよね。格安航空券を使えば、それを実現できます。ここでは、この航空券についてご紹介します。
 

大手の航空会社の場合

オレンジの航空チケット
航空券にはJAL、ANAなどの航空券があります。その中に、正規運賃、正規割引運賃と年齢や数カ月先の航空券を予約すれば安くなる航空券があります。これらの大手の航空会社の航空券は、LCCよりも値段は高いですが、大手には大手のいいところがあります。
 
それは、正規運賃でも正規割引運賃でも、機内サービスは同じものを受けることができるということです。受託荷物も手荷物も預ける条件は同じです。国内であればドリンクサービスもあります。格安航空会社のように別途必要ということはありません。
 
ただし、安いというからには、注意が必要なこともあります。航空券によっては、変更やキャンセルがきかない場合があります。別途料金を支払えば別の便への変更やキャンセルができます。割引の航空券を予約しても、設定期間内であれば変更等が無料でできる場合もありますので、予約の際に注意書きをしっかり読みましょう。
 

さらに安いLCC(格安航空会社)

旅行用のカバン
LCCはローコストキャリアといって格安航空会社です。ここの航空券は正規運賃であっても、ものすごく安いことが特徴です。安さの秘密は、サービスを省いてるからです。サービスは省いていますが、7㎏以内の荷物であれば無料で預けることができます。
 
サービスを省いているといってもピンと来ないかもしれません。具体的には、受託荷物は大きさや重さに応じて別途料金がいります。食べ物や飲み物は有料です。寒さをしのぐブランケットも有料です。座席の指定も有料になります。
 
飛行機に乗ることと、機内の荷物を1つもっていけること以外は全て有料となります。
もちろん変更やキャンセルも有料になります。しかし、どれも使わなければ、かなりお安くお得に飛行機に乗ることができます。
ここまで安いならば飛行機好きの方も大満足ではないでしょうか。

旅は財産になる

格安航空券を使って飛行機がもっと生活に近いものになれば、二本中のいろいろなところに行くことができます。見たこともない自然の景色や伝統文化、食べ物などに触れることはわたしたちの見聞を広げてくれますし、思い出や人生の財産になります。

せっかく安く自由にあちこち行くことができる時代なので、格安航空券の安い時期を狙って、いろいろな景色をみると人生が豊かになります。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 安いって素晴らしい。そう思えるのが格安航空券! All Rights Reserved.