LCCを利用するデメリット

離陸していく飛行機

LCCを利用するデメリット

LCCと言えば、魅力的な格安航空券を提供してくれる会社として人気があります。
全国には様々な航空会社がありますが、それぞれの会社によってサービスが異なります。
そのため、会社によってはデメリットに感じられることもあるようです。

機内サービスの有料化

財布と小銭
利用するメリットの多いLLCですが、デメリットもありますので注意する必要があります。
その一つが機内サービスであり、航空会社の中には機内サービスが有料のところも少なくありません。
機内サービスとしては、機内食、飲み物、毛布、雑誌・ビデオなどのエンターテイメントなどがありますが、これらのサービスがすべて有料化されています。
ちなみにANAやJALなどの大手航空会社では、これらの機内サービスは無料で提供されてます。
そのため、LCCの利用が初めての方の中には戸惑う人もいるかもしれません。
チケットが安いのは、これらサービスの省力化にあることを理解しておく必要があります。

預け荷物についての料金

LCCのデメリットとしては、この預け荷物も挙げられます。
大手航空会社では、チケット料金にこの荷物の料金も含まれています。
しかし、格安航空会社では、預け荷物について別料金を設定しているところも少なくありません。
チケット代金の中に預け荷物の分は含まれていませんので、別途スーツケースなど預ける場合は追加料金を請求されることがあります。
そのため、単に飛行機運賃だけの格安航空券を購入する時は注意しておきましょう。
預け荷物のないチケットで利用する場合、搭乗当日に預け荷物が出てくると、チケットが割高になるケースも出てきます。
利用する際は、その点についても頭に入れておきましょう。

キャンセルや予約変更ができない

一般的に、購入した航空券は後にキャンセルや予約変更ができます。
しかし格安航空会社では、一都航空券を購入すると、後に自分の予定が変更になってもキャンセルや便の変更はできません。
この場合、便を変更するには新たにチケットを購入することになります。
もちろん航空会社によって内容は異なりますが、全体的にキャンセルできないことが多いので、利用する時は注意しましょう。
格安チケットを購入する時は、予定変更のない旅行に限定した方がいいでしょう。

デメリットの把握を

LCCで様々なサービスを提供しており、その中には魅力的なものも少なくありません。
その中でも格安チケットは魅力ですので、利用する人も少なくありません。
このようにメリットが多いように見えますが、実はデメリットもありますので、利用の際は注意する必要があります。
デメリットとしては、機内サービスや預け荷物の有料化、チケットのキャンセル不可などがありますが、会社によってはまだあるかもしれません。
そのためLCCのサービスを利用する時は、事前にその内容をしっかり把握することが大切です。
また、不明な点は早めに問い合わせておくといいでしょう。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 安いって素晴らしい。そう思えるのが格安航空券! All Rights Reserved.