いつでもすぐに国内旅行

離陸していく飛行機

いつでもすぐに国内旅行

時間はあってもお金がないから旅行に行けない人多いです。時間はあるから、旅行には行きたいのだけれども、移動の費用や、宿泊費用、現地での移動費用、食事代、お土産代、観光費用、遊ぶ費用など、お金のことを考えると頭が痛くなって考えたくなります。そして、旅行はやめとこうとなります。しかし、思っている以上に移動にかかる飛行機代が安く済むなら、旅行に行きたいと思いませんか?今回は、移動を安くする格安航空券についてご紹介します。

飛行機が安い時代の到来

移動は遠い所に行くとなると時間的にも飛行機でないと旅行にいくことができません。ただ飛行機は高いイメージがあるので、始めから選択肢から外している人もいますが、それはとてももったいないことです。

格安航空券といって、破格の航空券があるんです。海外ではすでに流行しており、評判の良かった格安航空会社が日本でも導入されてから、日本の飛行機業界も変わりました。あまり安売りをしない大手の航空会社も安い航空券を販売しています。早い期間から予約するセール割以外にも、空席があれば結構搭乗日が近くても予約ができる正規割引運賃というものがあります。

JALやANAといった大手の航空会社の正規割引運賃と正規運賃では、金額に差があるのでサービスがなかったりするのだろうと思われる人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。どちらも同じサービスを受けることができます。

他にもある安い航空券

チケットのシルエット
大手以外にも、格安航空券があります。それは、LCCと略される格安航空会社が販売している航空券です。これは、必要最低である「飛行機に乗る」というものだけの航空券なので安いです。ですので、機内サービスなどは一切ありません。

荷物を飛行機に預けること、座席を指定すること、飲み物をオーダーすること、寒い時に使用するブランケットなど、サービスのもろもろはすべて別途料金になります。これで安さを実現しています。LCCの場合は、保安検査場を通過した後に購入した温かいコーヒ−も持ち込むことはできませんので、うかつに買って飛行機の中で飲もうと思っていると、直前で捨てるはめになりますので注意して下さい。

LCCの航空券を買う時に安さだけで選ぶのはいいですが、飛行機に乗る予定がヘンン港になりそうな人は買う前によく考えることがポイントです。なぜかといいますと、変更やキャンセルには手数料が発生するからです。チケットを購入する際も、国内であれば一人片道500円の手数料が発生します。キャンセルして払い戻しする時や、変更の手数料は国内線で3000円程度の金額が発生しますので、変更等がないことを確認して予約・購入されることをおススメします。

Similar Posts:

    None Found

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 安いって素晴らしい。そう思えるのが格安航空券! All Rights Reserved.